『この大空に、翼をひろげて』たった一つの青春がここに― 羽々音小鳥Ver

18禁ゲームのブログです。ネタバレに注意。 ブランド毎にカテゴリ分けをしてます。This site is Japanese only

Melonella

任侠華乙女 レヴュー

ネタバレ注意と言っておくか一応。

(敬称略/順不同)
原画:双龍
シナリオ:橘ぱん
CG
えーたろー
さるかCG
あまがたCG
音楽:憔悴ラジオ
ディレクタ:柿



ストーリー概要

母の遺言に従い都心から電車で2時間半の

高原にある地方都市美和市に鶯谷亮太は向かう。

さっそく迷子になった亮太は1人の少女美井森千夏

に出会う。

その後、母より頼るように言われた住所に行くと

そこには[中州組]の表札が。

誰がどうみてもそこは任侠一家中州組。

これから何が起こるのか。



キャラ&グラフィック

鶯谷亮太:主人公ヘタレだが本人も知らないある秘密を抱える

美井森千夏:茶谷やすら
中州組、組長。責任感が強く勉強も出来る。

大塩菜摘:成瀬未亜
中州組と美和市を二分する任侠一家[大塩組]の一人娘。
何かと千夏に絡み場を引っ掻き回す、一言で言うとおバカ。
ひょんな事から亮太に惚れてしまう。

永明寺冬真:まきいづみ
口数少ない中州組若頭。先代の頃から侠客として中州組に居る古株。
金銭管理から食事、討ち入りと何でもこなす中洲の重要人物。
大塩組からも恐れられるほどの知性と武を持っており、成績も
常にトップ。ある意味お母さん的な(厳しい)部分もありお仕置きが怖い。
以外にも虫が大嫌い。

高田アキ:紫華すみれ
任侠道に憧れ中州組に飛び込んできた家出少女。
明るく元気、菜摘とタメをはるイヤ、彼女以上におバカ。
進級が危ぶまれている。悪癖があり、千夏や冬真らの入浴を覗いたり
下着をくすねたりと変態オヤジ丸出しな困った子。
縞パンに羽織ものという奇妙なスタイルを好む。


尖石小春:芹園みや
天然で弱気な中洲組の鉄砲玉。
いつものほほんととしているが、すぐにテンぱる傾向があり
むやみに拳銃を撃つ為、中洲内でも大塩にとっても非常に困った存在。
アキとつるむ事が多い。


この他に頻繁に出るキャラとして大塩組若頭○○大周がいる。


システム

パッチが頻繁に出ているがプレイ中に致命的な現象

は見られなかった。但し、シーン切り替え時

などで立絵が出るまでに殆ど必ずタイムラグがあり数秒では

あるもののスムーズなプレイ感を損ねている部分がある。

スキップは早いとは思わないが、ボリュームがそれほど無いので

攻略の足かせにはそれほどならないと思う。

テキスト送りは快適、セーブコンフィグ周りは特に問題ない。


音楽&CV

それぞれの場面に応じた音楽であるという以外に特に

特筆するところは無い。主題歌はYURIA、ED UR@AN

こちらも可も無く不可もなく。残念ながらそれほど

心に残るものでは無かった。

歌姫問題ではなく曲ですな。

好みですけど。

CVはちゃたーにさんメインって久々な感じなんだけど

魅力再認識した。柔らか味があってキツ目の台詞も

女の子らしくなる辺りが良い。

千夏のキャラにも凄く合っている。

冬真も○。

菜摘については少々問題アリ。

ツインテで元気系と来れば成瀬さんで文句無し

の筈なんだが、ちょっと生々しすぎ。

「かぁ〜ぺっ!」と唾を吐き捨てるフリの台詞なんかの

表現は聞いていてちょっと萎えた。

もう少し可愛らしく出来るし、出来ればそうして欲しかった

大周については面白いキャラだが、あまり表現が上手いとは

思えずちょっと無理してる感があり残念。

CV賞は紫華すみれさん。

普通に読むとクソ生意気で感じ悪いキャラになりそうなのに

彼女の表現のおかげでへっぽこ&愛らしいキャラになっている。

桜川未央さんに通じるものがあるな。



総評 A


まず、絵が抜群にカワイイ。

何となくほのぼのしていてSDもかなりカワイイ。

着物ののデザインとかもナイス!。

菜摘なんか相当かわいいよ。


これは好みの問題だがね、一つ言わせてもらうなら

HシーンにおいてのCGがやたら上手い。

特にお尻の描き方w。

何となく丸く描きゃいいってモンじゃない

と気づかせる拘り。

最近みたHCGの中で最もお尻が上手いと思った(ナニ。

無論、他の部分も個人的に好きw。

但し、絵の角度でなんか見づらいと思うものもあった。


1週目は適当に選択して進んだら非常につまらなかった。

きちんとルートに沿って進んだ方がシナリオが理解できるし

楽しめる。

千夏がメインと思ったが、実は○○編の力の入れ具合

から見て、○○が真のヒロインであろう(バレバレw。

萌えた萌えた。


全体的にドタバタラブコメでゆのはなを彷彿させるものがあった。

当然好き。

ありがちな中にも意外性があり(小春とか)、明るく

楽しくプレイ出来る。

ちょっとだけホロリもあったりする辺りツボはちゃんと抑えてる。

先生や高田の立絵は間に合わなかったようだが

無い事により若干の違和感はあった。

不満点は上述にもあるが

システム面。立ち絵のロード。

テキストも読み易いが、一つの台詞を言うのに

時間を掛けるあたりは非常にイラついた。

何箇所もあるので。


任侠ものなので血縁を使った伏線の張り方は

ピッタリ来るとは思うがプレイ側にとっては

こじつけがましく感じるので血縁に拘らなくても良かったのでは

ないかと思う。

この辺がギチギチなので冬真編のオチは非常に不満が残る。


それでも、ループパクり、シンプル、ありがち

を抱えつつも非常に楽しめたのはキャラのカワイさや

任侠でありながら微笑ましいストーリーであった点にある。

処女作でここまでできるなら次回作も期待できる。


和風な作品が好きでドタバタ好きならお勧めですな。

オシリストな御仁もおぉ、ってなるシーンがいくつかある。

ちなみにHシーンはそれぞれ複数回あり意外に頑張ってる感じよ。

やって良かったか?。

とても。

個人的には冬真と菜摘が萌えたね


攻略順は

1・適当→よく分らなかった
2・千夏
3・冬真
4・アキ&小春
5・菜摘

こういうタイプの作品にオラ弱いなー。

和モノばんずぅわぁい〜。


しゃくなげ |  コメント(-)  |  トラックバック(-)
▲ TOP
PROFILE

Domino

TRACKBACK
LINK

    声優 天川みるくさんのブログ
Search
DTI ブログ