『この大空に、翼をひろげて』たった一つの青春がここに― 羽々音小鳥Ver

18禁ゲームのブログです。ネタバレに注意。 ブランド毎にカテゴリ分けをしてます。This site is Japanese only

Melonella

つよきす レヴュー

ネタバレ注意しときます。

スタッフ(敬称略)

原画:白猫参謀(最神扇道)
企画&シナリオ:タカヒロ 
音楽:I've sound

主題歌
Mighty Heart
〜ある日のケンカ、いつもの恋心〜
KOTOKO

エンディング
Isolation
怜奈


キャラクタ


対馬レオ
主人公。テンションに流される事を嫌い
冷めた態度を取る[フリ]をし続けるヘタレ。
ケツの青い青い男だが、何かの拍子に熱血モード
に入る事があり漢を見せる事もある。


鉄乙女/cv青山ゆかり

くろがねおとめである。
レオの1つ上にあたり幼少に一時期親交
があったがレオは忘れている。
拳法部に所属しその強さはかのブラップラーを凌ぐ。

生徒会にも所属しており、風紀委員として
何故か日本刀を持ち仁王立ちする姿はまさに
学園の番人である。

非常に真面目で勤勉、鍛錬を怠らない折り目正しい女性である。
怒ると鬼神の如き力だが、怒っていなくても超人である。

口やかましい所があるが、心根は優しく面倒見も良く
電化製品に疎く真っ直ぐであるがゆえに難儀な人。


蟹沢きぬ/cv金田まひる

頭の回転が常にフルスロットルである為に
中身が全て飛び出してしまった残念な子。
黙っていれば美少女なのだが、黙っている時は
寝ている時位なのでバカの烙印を押される。
バカでありバカでもある。

超が付くほど負けず嫌いであり攻撃的。
なごみんとは常に争っているが何を争っているかは
どうでも良い。

幼馴染である、レオ、新一、スバルといつもつるんでいる。

勉強はからっきしだが遊びや報復、罠、[料理]の腕は
攻撃力が高い。
これだけ書くとただのバカにしか聞こえないが
ただのバカでは無い。


霧夜エリカ/cv北都南

キリヤカンパニーのご令嬢であり
竜鳴館生徒会会長。
姫と呼ばれるが本人いわく本当は帝王
と呼ばれたいらしい。

何事も何人にもハッキリモノをいいその理由が
自分の楽しみの為という事が多いのでファンも多いが
嫌っている人間も多い。

生まれながらのいじめっ子であり、女でありながら
女にセクハラをする大変羨ましい、では無く困った人で
親友のよっぴーの胸をスキあれば揉もうとする(揉んでいる)。

BLや美少年にも興味がありちょっとオヤジ趣味でもある。
お嬢様らしくバラを出せる他、ガチの格闘もかなり強い。
天衣無縫な存在だが優しさも持っている。


椰子なごみ/cv海原エレナ

名前とは裏腹に人を寄せ付けないオーラを持つ。
他人に無関心であり、干渉されること激しく嫌う。
煩い人間も嫌いであるが故にカニとは敵対関係。
しかし妙に義理堅い所がありひょんな事から生徒会に仮で入る。

夜中に何をするでも無く街を徘徊しており
口癖は「潰すぞ」である事からヤンキー系に見えるが
頭は悪く無い。ついでにメガネっ子。
寒がりなのか夏でもストッキングを着用。
無口で冷酷だが心に抱える悩みは思春期の少女らしいものだ。


大江山祈/cvまきいづみ

レオの担任。
爆乳の持ち主で美人だがやる気が無くいつも遅刻する。
常に駄菓子を食べており、職員室の机にも駄菓子を装備している。
生徒の突っ込みをさらりと流し、さらりと残酷なことを言う。
暢気で飄々としている様に見えるが実際は冷めている女性。
占いが得意であり必ず当たるが、悪いものである事が多い。
土永さん(つちながさん)というよく喋るオウムを飼っており
遅刻する時に教室に先に行かせ言い訳をさせる。


佐藤良美/cv草柳順子

通称よっぴー。
本人は嫌がっているがディファクトスタンダード。
レオのクラスでは学級委員で生徒会にも所属しており
エリカの秘書的な立場にある。
温厚で誰にでも優しく常に弄られるキャラだが
非常にクセのある隠れた本性を持つ。
おっとりほのぼのなので鈍いと思いきや実は運動神経
も悪く無く、頭も良い。
寒がりで大抵ショールを羽織っている。


鮫氷新一/cv間寺司

通称フカヒレ。ギャルゲー好きの童貞。

大別するとカニと並んで対馬ファミリー(幼馴染)
の二大バカの看板を背負う。
カニはバカだが強い。フカヒレは弱い。
事あるごとに殴られ、放置され、時には星になる
可愛そうな人。
モテる為様々な策略をするが上手くいったためしが無い。
成績も悪く女にももてない、だが根拠の無い自信に溢れ前向き。
ごく稀に漢を見せることも・・・。


伊達スバル/cv柵間拓哉

対馬ファミリーではお兄さん格。
ケンカが強く恐れれているが身内には献身的で友情に厚い。
料理が得意で乙女がレオの所に来るまでは彼が食事を作ってくれてた。
陸上部に所属し非常に有能。
学費を稼ぐ為夜にバイトをしているがあまり人には言えない仕事。
レオの大親友であり心強い味方。
いつでもどんな時も義に厚いが彼にも好きな子がいる・・・。


橘平蔵/cv川中嶋悟

竜鳴館の館長。
侠 義 漢を信条としており拳法部顧問。
素手でクルーザーを破壊する程の怪物。
彼が戦争に参加していたら負けていたと言われるほどの
武&漢の化身。
おかしなイベントを考え生徒をしごく。


村田洋平/cv中本伸輔

ある意味フカヒレを上回るやられキャラ。
2-Aの学級委員であり、真面目で頭が固い。
拳法部に所属し文武両道なはずだがスバルより弱く
熱血モードのレオにも負ける。
レオのクラス2-Cを快く思っておらずむしろ疎んじている。
12人の妹がおり全員ブス。なのだが事あるごとに
レオやスバルに紹介したがる。
クラスメートの西崎の保護者的振る舞いをしているが
実際はその逆だったりする。



システム

・動作は重い。PEN?500でも
 VRAM16M(推奨64M)だからだろうか
 それでも落ちたり固まったりというのは無かったので○。
・スキップは結構早い
・SAVE/LOADは遷移が重いが問題なし、数も普通。
・キーコンフィグあり(使わなかったけど)
・プレイ中はテキスト送りは問題なし、背景のスライドインは
 カクカクするがちょい遅いくらいで問題なし。
・クリックで飛ばせない演出、ムービーがあり少しだけストレス。

全体的に問題というほどのものはなく標準レベル。
ムービースキップはパッチ充てれば解決する。


音楽

OP/EDともにI'veプロデュース。

キャッチー&切ない良曲でした。
BGMはそれぞれのキャラ用の曲が入れ替わり立ち代り
使われキャラの個性によく合ったBGMだった。
BGMなので良曲とかあまり関係なくて、シーンに
上手く生かされていたなとプレイ後に感じたのでSEも
含め全般的に良かったのだと思った。


シナリオ&構成

プロローグがあり(スキップ可)

本編前半部分でキャラアイコンを任意選択

何度か繰り返して個別ルートに入るが

個別でも更に選択肢があり攻略に影響が出る。

中には時限付き選択肢があり突然来るので

予備知識なしだと逃す可能性もある。


全シナリオ共にツンツンツン子がデレになる

訳だが、外的伏線というよりキャラ自体の隠れた本性

が見えてくるという感じで特によっぴーなんかは

思わずNice boatかとw。

前半でルートが確定するので共通ルートの悩みも無く

ストレスの少ない構成が非常に良かった。

また、おまけとして出てくる幼馴染ルートなど

余韻も残る(超短いけどね)。



総評 A++


グレイト!。

この作品何がいいってまず

エアリード機能が付いている

つまりは空気を読んだテキストが展開される訳だ。

学園ADVテンプレなセリフやシーンで「あぁ、こういう展開ね」

と思わせて「・・・!!と、思ったら大間違いだ!!」

みたいなw。

無論、お決まりのセリフや展開もあるがダラダラ

流れ作業じゃなく楽しいテキストってどんなものか?と

考えながら造っている所が素晴らしい。

つまりはプレーヤーの思考を先回りして裏切るツボを心得ているって事。


次に会話。そう、日常のドタバタなやり取りが楽しすぎる。

殆ど滑らない。イヤ、スベるものはフカヒレにw。

キャラクタの特徴に合わせたトークが入り乱れコレだけ

観ててもかなり楽しめる。

登場人物が結構多いんだがひっきりなしに登場し場を盛り上げる。

普通ならこの日常でダレてくるんだがつよきすは

この日常が良い。


次にクレッシェンドな進行。

ヒロインそれぞれのパーソナリティを知るほどに

味や人間味(二次だけど)本性が見えてくる。

レオとの距離も段々ゼロに近づくんだが

距離感や結ばれるまでの時間に無理が無い!。

ココ凄く重要。

出会って2秒で、イヤ、出会う前から媚びるほど好き

という萌えゲーでありがちな胸焼けが無い。

なんせタイプは違うものの皆それぞれレオに対してツン

から始まるのだから。よっぴーの場合は初めから好意的だが

まぁ、やれば分るw。

とにかくこのヒロイン達との距離間が良くて

男キャラ(特にスバル)との距離感もとても上手く表現できてる。

上述に共通ルートが無いと書いたが、共通イベントは

無論ある、その中でそれぞれのルートでレオ&ヒロインの取る

アクションが違うので同じイベントでも飽きが来ない。


個別ルート感想(攻略順に)


エリカ

我侭でオレ様な彼女は恋人になっても油断できない。

世界を手に入れる的野望が彼女のベースなのだから

でも、自分が恋に落ちていく過程を冷静に見れなくなる

辺りが非常に面白い。

アレ?、なんでアイツの事ばかり考えているの?

所詮、アタシの捨て駒でしょ。

あぁ、でも頭から離れないみたいなww。

それでもプレーヤーとしてはその凛とした姿が消えるのは

忍びないと思うが、ちゃんと恋と両立させるある種の強さが魅力的だった。




よっぴー

こえぇよ!。

全然強気じゃないじゃんと思っていたが

軽くやられました。

今流行のヤンデレ?のハシリってやつ?。

じゅんにゃんがCVなのでさぞほんわかルートと

思っていたがなんのなんのw、it's so hard じゃないっすか。

個人的にはあのロブスターヘアーは好きく無いんだが

彼女の独占欲はよく分るし、オラ自身もそういう気持ちあったw。

だから分るんだけど、にしても怖いなぁヲイ。

でも、凄いのはそんな彼女策略をヒラリと交わすエリカが凄いw。

まぁ、実は内心傷ついたりしてるはずだがね。。。。

彼女のおかげで毒気が抜けたようなもんだw。


乙女

実際にこんな子がいたら疲れて逃げてしまうだろう。

CV本人も言ってるくらいだしねw。

でも、鉄壁を誇り取り付く島も無い彼女が

恋愛に溺れていくのは見物であるし

純粋実直な彼女がレオに傷つけられるのは心が痛んだ。

単純でありながらそれ故もろいまさに乙女である。

献身的で愛情に溢れる彼女なら多少扱かれてもいいかと思ってしまう罠。





ある意味デレが存在しない唯一のヒロインではないだろうか?。

ぼんやりした傍目から想像も付かない突然切り替わる本性。

彼女なりのワールドは理解できる人しか同調出来ない価値観だ。

○○食いはちょっと戴けないが、その心の穴には少なからず納得。

ちょっと切ない関係が続くわけだがこれはコレできっと良いんだと思う。

海で見せた数少ない笑顔はとても印象的だった。



なごみ

個人的に一番好きなキャラだな。

ヲイヲイこんな切れたナイフwみたいな女とくっつけるのか?

と思っていたし、ギリギリまで想像付かなかった。

ラインの内側に入った瞬間からの豹変振りに思わず爆笑。

このバンジージャンプ並みのギャップが最高に効いた。

それに心の中は外見の気難しさと違いシンプルで誰でも

悩んでしまうような事だったりするので知れば知るほど

身近に感じることが出来た。

まぁ彼女こそ落とし甲斐のある女であろう。

どことなく秋色の真由を彷彿させるものがあったが

なごみの方がよりパンチがキツイよねw。

いやぁしかしイイ女だよ。


カニ

ここまで容赦なくハイボルテージなバカも珍しいw。

バカさではゆのはを凌いでいるなw。

初めから予想できたが対馬ファミリー内での色恋だから

スバルやフカヒレにも影響でるだろうと思ったが

スバルがこれほど絡むのは意外だった。

どこまで行ってもスバルだな、カッコイイよ。

でも振り切れない所がちょっと唯一怖いんだがね。

カニというキャラを殺さずにその中に眠る良い部分を

後半に行くに従って見せてくれたのは楽しかったし

見直した。その器のでかさ、真っ直ぐな心。

いい女ジャン!。バカだけどw。

まひるさんの演技も最高だった。



全体的にスッキリしており無駄がない。

テキスト快速、メリハリがあって会話が楽しい。

泣くまでは行かないが心にじーんとくる事もある。

ありふれた日常のネタでここまで飽きさせないというのは

もはや神だろう。

お化けゲーと言われるだけある。

万人にお勧めできる学園ADVだ。

二学期が待ち遠しい。みにきすプレイして待っていよう。

ちなみにとんふぁーさんはかわいいぞ。

きゃんでぃそふと |  コメント(-)  |  トラックバック(-)
▲ TOP
PROFILE

Domino

TRACKBACK
LINK

    声優 天川みるくさんのブログ
Search
DTI ブログ