『この大空に、翼をひろげて』たった一つの青春がここに― 羽々音小鳥Ver

18禁ゲームのブログです。ネタバレに注意。 ブランド毎にカテゴリ分けをしてます。This site is Japanese only

Melonella

蒼い空のネオスフィア どきどきアドベンチャーEffecvive E



たまには真面目にれヴゅしますよぃ。
■ブランド:KOGADO くまさんちーむ
■URL:http://www.web-giga.com/top/top.html


さて、久々に書きますか。

オラ的キャラランキングで書いたとおりに

パナビアちゃんと仲良くなる為に初めての工画堂作品をGET。

タイトル長っ!。蒼い〜シリーズだけど、

世界観もシステムもよく知らないままPLAY。


■STORY→B

天空王国ネオスフィア。

文字通り空に浮かぶ王国である。

帝国(地上)との戦争後、王国再建築の為、

天才工房士ナノカ・フランカの活躍で順調に復興しつつあった。

しかし突然、王国はエネルギー危機に見舞われます。

後数年でEプラントのエネルギーは底を尽いてしまいます。

回避する方法はネオスフィア最深部・絶対未踏破区域

”エフェクティヴ−E”の独立パワープラントからの代替

エネルギーの獲得です。

このミッションに王国の女王エリンシエはナノカを任命します。

そして、元老院は帝国ジュニアアカデミーから一人の工房士を

呼び寄せこのミッションを依頼する事になったのです。


(STORY補足)

ネオスフィア王国は女王エリンシエの率いる王宮側と

元老院と呼ばれる王国貴族の権力体の2つ勢力が存在し、

王国の実権を握ろうと元老院は独自でエフェクティブEの

奪取に挑むわけです。

この蒼い〜シリーズは代々ナノカが主人公でしたが、

今回はナノカのアカデミーの先輩である、

パナビア・トーネイドが主人公のADV作品としてリリース

されました。パナビアは王宮ではなく元老院から依頼され

る訳です。


初めてプレイする際でもおおよその舞台背景の把握や、

キャラの役割などが掴めたので訳がわからなくなる事は

無かった。説明はちょっとしつこいかも知れないけど、

オラ的にはノー問題。

唐突にエネルギー危機だったり、ツッコミどころは多々あり。

そこをネタにする事はよくあるが、ギリギリの線でセーフ。

余りにゲーム自体の自虐ネタがあると覚めちゃうからね。

「このキャラ前回は○○だったのに今回違うよ」

「連作で詳細まで設定をあわせるのは大変なんだよぉ」

「ふ〜ん、って誰に言ってるの!?」

コレに似たようなやり取り。よくあるしょ?。

前作知らなくても結構笑えた。

仮にもエロ畑で生息しているので、本作のような

爽やかでエグさの無いゲームは新鮮。

よって細かいツッコミは気にならなかったのだ。


■ゲーム構成 B

通常のADVにミニゲームの要素が入っている。

パズルであったり、ちょっとしたアクションだったり。

この構成は単調になりがちなADVの良いスパイスになるが

ちょっとストレスの溜まるものがあるので

内容をもう少し考えて欲しい所。

特に調べないと判らないようなクイズは戴けない。

シリーズのファンや勝手知ったるユーザはいいが、

初めてプレイする人への考慮は足りないと思う。

例えば、複数のマスに描かれた絵に関連するパネルを

選んではめていくものがあるが、

何が何に関連しているのかがさっぱりわからない。

それも当然で今までの作品で発明した経験のある

ユーザでないとわかるはずが無いのだ。

それに、イメージで判断しようとしても、

何の絵かわからないものもある。

まぁ結局調べて解決したけど。

ADV+ミニゲームなどの合体というやり方は

とてもイイので今後の作品に期待したい。


■キャラ A

・パナビア・トーネイド

ナノカの自称ライバル。

真面目で頑張り屋な根性娘!。だが、よく空回るw。

FATEの凛を思い出したのはオラだけか?w。


・ナノカ・フランカ

まさに天才である。笑顔で毒を吐く工房士。

腕は超一流。向かうところ敵なしのさすがは

歴代主人公。死角は無いのか死角は。

・スツーカ

狼の姿をした自立型Eウェポン。

ナノカのお守役でいつもツッコミ役w。

・ノキ・ウェルキン

学生ながら王国の独立行政区の区長を勤める。

食べっぷり良しの元気娘。のはずだが、

もう少し活躍が見たかった。

ピーナッツ食べすぎでおなかを壊す辺りがかわいい。

・ネネ・ハンプデン

ナノカの同級生でお金持ち。ナノカ大好き。

・フェアリー・ハイヤフライ

帝都から来た医師。お色気ねーさん。

・ジュラーブリク

元老院に雇われたフリーの工房士。

センスの悪い服装とイイ年してのキザっぷりが笑う。

ひょうひょうとした態度だが腕は確かな謎の多い男。


とにかくキャラが可愛い!。

始めは色使いが派手だと思ったが、

パナビアは当然として、ノキもラブい!。

でも、町人なんかのデザインがメインキャラ達

とかなり違うし(別の絵師)、個人的にイマイチ。

全体的に尺の短い作品なのでCGも少ない。

それを考えるとB+がいいところか。

でも、パナビアとノキのカワイさでココはAにしとくw。


■システム B+

特に大きな問題は無いが、テキストバックログが無い。

なのでポンポン読んでたら飛んじゃう事もあるので注意。

SAVEはAUTOでされる。

桜華のように短い章立てで出来ていて、決まったタイミングで

SAVEされるようだ。ようだというのはオラは章の変わり目に

しか終了しなかったし、3回くらいしかSAVEしてないのよ。

出来ればマウスホイールでテキストを読めるようにして欲しいな。


■音楽/SE B+

可も無く不可も無く。

微妙に音質悪いかなと思ったが気になるほどでは無い。

OP/EDはありがちな萌え系+爽やかそんぐ。

でも、割とスキな方かな。SEのタイミングは良いな。


■総評 B+

背景CGの使いまわしが飽きる。

全体的に短い作品なので仕方ないんだが、

キャラも含めいい絵出来るんだからもっと

見たいし、ただでさえ飽きやすい背景は

使いまわさないで欲しいね。

何となく辛いレヴューに見えるけど

買って損って思うものでは無い。

でもこのボリュームならもう少し安くてもいいかな。

おまけでキャラ紹介などがあるが、本当におまけ。

ギャグを含めた物語のテンポはなかなかに軽快で

かなり楽しい。

特に、パナビア。

ユーザの分身がヒロインっていうのも新鮮だね。

パナビアの声優さんのウマさといったらない。

凄く自然。パナビアはかなりの頻度でぼやくw。

その一人ツッコミがなんせウケル、

声も魅力的だし演技もイイ。この人好きなったよ!。

そしてビックリなのが小杉十郎太さんがスツーカ役で

出てること。いやぁ驚いた。

この業界では珍しく無いのかもしれんが、

少なくともオラは嬉しかった。

犬呼ばわりされていつも気苦労の耐えないスツーカ。

その諦めのツッコミで何度も笑わせてもらいました〜!。


で、パナビアは自分の分身だけど、

厳密にはアイドルをそばで応援するような気持になる、

が正しいな。

ギャースカキレるだけでなく彼女の中に在る

正義感みたいなものも見れるのでキャラへの好感度

が非常に高い。逆にナノカが憎たらしくなるほどw。

パナビアクリアするとナノカプレイが出来る。

この作品のここもいい所。通常なら共通ルートで

だるくなるのがADVの常なんだが、ナノカは同じ

シナリオの中でも女王側としての視点でプレイする

事になるので厳密には共通では無く別シナリオとして

楽しめた事。これは非常に大きい。

そして、物語の伏線もありで同じSTORYでも意外な展開

が見れるのがイイ。

その分パナビアの出番が無いがコレはコレで正解だな。

まぁ正直、グラフィックやシステムボリュームなどに

不満はあるものの、非常に新鮮で楽しかった。

但し、一旦パナビアを起用した以上、

最後まで面倒見るように。

それと、不満じゃなく問題が一つ。

パナビアを見ているのは幸せなんだけど、

ちょっとでも男との絡みがあると個人的にイヤ。

そう、ヤキモチを焼くという事が今後心配の種。

本作ではそれほど無かったけど、それでも

ジュラーブリクとのやり取りに嫉妬しそうになったよ。

この辺も今後の検討材料として練って欲しいね。


限りなくAに近いB+であった。

あぁパナビアもいいが、ノキの○○・・・・。

かわぇぇ!!。

エリンシエのお忍びも◎!。

KOGADO |  コメント(-)  |  トラックバック(-)
▲ TOP
PROFILE

Domino

TRACKBACK
LINK

    声優 天川みるくさんのブログ
Search
DTI ブログ