『この大空に、翼をひろげて』たった一つの青春がここに― 羽々音小鳥Ver

18禁ゲームのブログです。ネタバレに注意。 ブランド毎にカテゴリ分けをしてます。This site is Japanese only

Melonella

みゅーずぃっくofギャルゲだっ!



いやぁ まだ暑いね暑いね暑いね!。

ここは札幌北国さ

いつから北国は30度もいくようになった?(前から・・・)。

オラぁなあ、暑いのイヤよ。

最近大分マシになってきたけど。

オラは北のモンスターよ、(by 駒苫田中最高!)

犬で言ゃぁハスキー犬よ、わふんわふん!w。

ウィザードリーで言ゃぁマダルトよ(古!)。

残り少ない脳ミソが溶けちまうよ。

そんなこんなでレヴューをサボりつつ本日は

ギャルゲのお勧めみゅーじっくを書くぜ!。

レヴューはちょっと積んでる、正直。すまんっす。

さて、ギャルゲの業界の事はオラみんなより詳しく無いケド

最近本当にイイ楽曲が多いのでゲーム自体と共に

是非とも知って欲しいと思ったさ。

所詮、曲を言葉で書くのはナンセンスなのは判ってるが、

何処まで表現できるかの訓練にもなるしね。

気になったのあれば、ブランドでDLしたり、

プレイしてこの駄文を思い出してくれたら嬉しいよ。


左から(タイトル/アーティスト/ゲームタイトル/ブランド)


escape/reset/白詰草話/Little Witch



2002年リリースのLittle Witch第一作目、白詰草話のOPである。

ちょっと一昔前のgrobeチックなグルーヴィーで

ドラマチックなテクノロック。

ゲームのイメージ画から想像してたのとはかなり違った。

もっと耽美でやんわりした作品と思っていたから。

ハッキリ言ってVoは下手である(ゴメン)、

だが、気が付くと全てが非常に計算されていてこのVoが

起用されたのもわかる気がした。

というのも、OPはアニメーションなのだが(雑だがかなり良い)

OPムービーと、曲/詩がキチンと合っていてVoはテクニックよりも

声質や感情的な部分が特化しているのである。

解りやすく言うと”伝えたい気持が伝わる”という事だ。

よってテクニック云々はさほど問題ではない。ハートだぁね。

主人公の苦悩、ヒロイン達の存在理由、

もがき続ける彼らの刹那的な世界がよく表現出来たスリリングな曲だ。


アニメーションと相まってカッコイイぞ!。

EDの"シナリオ"はアコースティックなロック。これもカッケー!。



Lapis Lazuli/泉伶/夜明け前より瑠璃色な/AUGUST


これはもはや説明不要だぁね。作詞は榊原ゆいさんだ。

イントロクイズでもすぐ判るイントロが特徴。これまたドラマチックで

ミディアムなダンスビートだ、出だしのシタールだか

チェンバロな音色がオリエンタルで神秘的な印象を持つ。

全体的には非常にメジャーを意識した楽曲だ。

例えは悪いが、メロドラマで引き裂かれる主人公とヒロインが

カットインで左右からフレームインしそうな感じw。

Voのひっかりのある歌い方が気持ちよい。

憂いのあるメロディにオリエンタル風味とダンスビート。

いかんせんDrの音が残念だ、普通ならこの音色でも気にならない

のだが、オカズがしつこい所があるから音色に意識がいってしまう。

ちょっと安っぽく聴こえてしまうのよ。

その反面、Voの個性も強いのでバランスは取れてるとも言える。

歌詞の内容もゲームとリンクしていてナイスな曲だ。

後、2番の歌詞に入る時の入り方にアレ?っと思った。

ちょっと大げさな曲ではあるが、やはりイイナと思ってしまうのは

ゲームの内容を知っているからだろうな。



セカンドサマーオブラブ/YURIA/グリーングリーン/GROOVER


2002年鐘ノ音ラバ(キングレコー)に収録されている。

これ見てくれてる皆はとっくに”あー昔良く聴いた”

って言うんだろうケドすまん、オラ最近知ったのよ。

知らない人もいるんでソッチ向けにな。

で、こりゃ”ギンギン”ってやつだ。

ギンギンにおったつではなく!ギンギンにロックだ!。

ディストーションで歪むぜ、ダウンピッキングで

ワイルドな曲調だ。Vo YURIAはホラあれだ、

相川七瀬ばりよ、はちきれんばかりの韻踏んだサビ

B'Zの曲にも似てるハードなロックだぜい!。

低音な序盤から超高音でライブノリっす。

なんか違うけどハルヒのバンド思い出した。

こりゃねー自慢のすぽーつかーで(ご〜さんのw)

湾岸80Km以上出した時にかけると絶対気持い曲だよ。


元気出るね、今年の夏にぴったりである!。



dissonant chord/NANA/PRINCESS WALTZ/PULL TOP


まだ未プレイでごめんなんだけど

なんまらカッコイー!!!!。

どうしたらこんな曲作れるかな、ホント天才だろ?。

ゲーム自体はなかなかに辛い評価が多いようだが、

プレイするまで何とも言えんし、この曲はヤバイくらいイカス!。

イントロの嘆き引きずるようなギター、ハイハットが足早に湧き上がる

そしてビオラ?バイオリン?の哀愁漂う音色。

イントロのイメージではハードロックだが、

〜♪翻るドレス今闇を切り裂いて未来を映し出す♪〜

歌詞と合わせて聞き入るとファンタジックで華麗。

成る程プリンセスだわw。

ブレイクからサビへ、艶やかで華やかな展開。

Voがこれまた素晴らしい!甘すぎず、ワイルド過ぎず実に素敵。

微妙にハスキーな所にキュンと来るぜ!この人の事ちゃんと

知らないのオラ位なのかもしれないけど、萌え系ソングから

Fateみたいなものまで何でも歌えそう。

ギターのカッティング、ブレイクのタイミング、

メロディ全てが秀逸。勇気、笑い、ちょっぴりHな

PULL TOPにぴったりな楽曲だ、早くプレイしたいよ。



せかいにさよなら/Marica/ユメミルクスリ/ruf


非常におっしゃれーな名曲。

完璧に一般に通用するよ。

曲は似てないけどオレンジペコー系の透明感のある曲。

4つ打ちでノリがいいんだけど荒っぽくないのは

Voのカワイイ声のお陰。

前半は気づかなかったがサビに入ってからの

Voの声が個性的だなーと思った。ちょい小悪魔チックよ。

透明感があるのに力強い、サウンドも負けずにベースラインが

ヴイヴイとグルーヴィーな感覚を際立たせてる。

詩の内容はゲームに沿って結構鬱なのに全然重い感じしない。

〜♪今いる世界にさよならしようか出口はアチラと笑うウサギの目♪〜

更に後ろのおーけすとらな音がやばめの歌詞を上手くくるんでいる。

軽いのに足腰のしっかりした聞き飽きない曲だ!。



-AizTaze-/b/夏空少女/mixed up


今、要注目のブランドmixed upの”カクウショウジョ”OP。

今一番ヘヴィーローテーション。

鬼束ちひろを彷彿させる儚げで強さを秘めたVo。

内にこもったピアノメインの内向的な前半。

静けさの中から語りかける声にすでに麻痺!。

音響効果が素晴らしいぞ。

エレクトロのフェードインそして伸びやかで優しげなサビへ。

傷だらけの身体をいたわる様な一条の光。

ローテンポなリズムそして、

サビの後半から立ち上げる力強い4つ打ちのビートが

突風のような疾走感を発生させる。

空を突き抜けながら漂うVoに英文のバッキングVoが切なく揺れる。

素晴らしいムービーが、キャラが、演出がいやがおうにも

期待感を盛り上げる今最強の1曲だ。

全身鳥肌実!あ、いや鳥肌確実。

クラブでフルVOLでかけて踊りたいぜ!。



冬だより/原田ひとみ/ゆのはな/PULL TOP


軽快なポップスだ。

アコースティックの軽やかなストロークプレイ。

控えめながら存在感の有るリズム。

ただ萌えなだけではない優しくて説得力のある

Vo原田ひとみさんが最高だ。

ブレイクから爽やかな冬の青空を連想させるサビへ。

何度聴いても聞き飽きない元気の出る名曲だ。

さらに書きたいが次と被るので略。



約束-Resume-/原田ひとみ/ゆのはな/PULL TOP


オラは今まで相当色んな音楽を聴いてきたつもりだ。

クラブで回してた頃は毎月70〜100枚単位でレコードを

買い漁り、外でも家でも常に曲を聴きまくりパーティでは

ロックからハウスからいいものは何でもかけまくった。

ジャズからオルタナティブ、トランス、ラテン・・・と

いい音楽はまだまだある、ただ比重はアニソン&ギャルゲが

多いのは正直すまんかった的なところはあるんだが。

オラは36年間クズのように生きてきて、今はクズそのものだ。

その中で”これだけはあの世に持って行きたい”という音楽が

少ないが有る。

1982からデヴューし活動していたコクトーツインズや、

ビルエバンス、キースジャレット・・・。

まさかその中にギャルゲが入るとは思わなかった。

そう、この曲はPULL TOPゆのはなのEDである。

クズなオラが前述のアーティストと同様に、

一生好きでいる確信のある曲だ。

無論、プレイした事により感激が増したのは紛れも無い事実だが、

この曲だけ取ったとしても相当に素晴らしいとオラは思う。

しかも、いっちゃなんだが、たかがゲームだよ?。

10,000でおつりが来る成人向けソフトウェアだよ?。

なのに、なのに、聴く度に泣けてくる。

今日、楽しい事がいっぱいあっても

今日、嫌な事ばかりでも

最近、ぱっとしなくても

色んなギャルゲでえへらえへらしてても

この曲を聴くと感動で胸がいっぱいになって

泣いちまう。

ベースとアコギの低音から綴るようなイントロ

明らかに萌え系向きなのにエモーショナルなVo

息継ぎまでもしっかり聴こえる辺りなんか温かみが

しっかり感じられるよ。

そこからもどれだけ丁寧に歌っているか良くわかる。

DrもGrもBも控えめにバックにただようKeyも

壊れモノをそっと運ぶように優しく演奏しているのが

誰が聴いてもわかるはずだ。

メロディラインは通常のPOPな感じに、

少しだけ和風な味付け。

小節のあいだあいだをむやみに埋めない自然な余韻。

〜♪なくしたくなくて怖くて君を抱きしめる二つの思いが

優しさを分かち合えると嬉しい〜♪

何気ない歌詞が心にスッと入り込む。

ゆのはシナリオも穂波シナリオもふたばも椿もそれぞれの

思い出が蘇る。やっぱ最高だよゆのはなは。

もう、何十回プレイしてるか不明w。

いまだにゆのはなにやられているなオラ。

中古屋でサントラを探す日々。

偶然、ゆのはなで穂波シナリオを生み出した

Jさいろーさんのサイトを発見してしまった。

当然、リンクはらしていただきますw。

ゆのはと並んで最高の穂波編を書き上げたJさいろーさん、

貴方は天才という他ありません。そして超エロww。


結局、PULL TOPモノが上位になるねぇ。

いろんな意味で偉大だわ。

ちなみに番外編で、これまたPULL TOPの

かにしののOP風のリズムを入れておこう。

これ、かなりいいよって前も書いたかw。

その他 |  コメント(-)  |  トラックバック(-)
▲ TOP

RONDO LEAFLET



おーいどこだぁ〜?。

ギャルゲしすぎて飯抜いてる奴どこだぁ〜。



アハハ は〜ぃ(´▽`)ノシ。

うぇ〜い!(`▽´)/。

(⊃ω`)v ふぁーい!。

なんだ、みんなそうなのかヨカッタヨカッタ。

仲良く皆で清貧だぜぃ。死ぬ時はモニタ内で死ぬぜ!。


あぁさて、ココは札幌だよ、なのにこのクソ暑さは何なのさ?。

夏暑く、冬寒い?。ここはサハラ砂漠かよw。

先日、俺的ギャルゲキャラランキングを書いたが、

次の日から冷や汗が出っぱなしになってしまったよ。

「ウチのぴーこちゃんは、タマキン・ムレル タマキン・ムレル」

「コレばかり連呼するからホント困っちゃうわぁ」

オラは「ロビィ・カワイイ・ロビィ・カワイイ」と連呼しています。



「・・・・。」





そんなこんなで、リトルウィッチの新作が発表されています。

”RONDO LEAFLET”



ヤバイ、あまりにやばすぎる。

落ち着いて理由を述べよう。


・リトルウィッチ初のフルヴォイス作品である。

・しかも、CVを一般オーディションで選ぶ(マジか)。

・大槍葦人氏と北側寒囲氏(雪桜〜ゆきざくら〜/D.O)のタッグ。

・元々カワイイ大槍氏の原画がさらにUP!!。

もう、ね、滅茶苦茶カワイイって!。

キャラだけでご飯3杯いけるよ。






RONDO LEAFLET/(c)Littlewitch Inc公式サイトから転用しています。
著作権は (c)Littlewitch Incにあるので、無断転載してはいけません。


ホラね



北側氏の事はよく知らんが、調べると結構人気あるんだね。

どちらかというと和物でゆるめの笑い。だとかで、

リトルウィッチに合わねぇんじゃないか?という意見もあった。

でも、オラこういうの好き。

ギャルゲの世界は呂利問題はあるものの自由な世界じゃん。

ワンパタ−ンは嫌いなのよ。いい物を残しつつも飽きさせない工夫が必要。

ルーチンでギャルゲ作るんじゃねーよ。と。

見てみれば分かるが、

英国恋愛ADV

何とも素敵な設定、

コレに和風のゆるい笑い?。いいじゃないの!!ww。

世界観と、原画、システム。リトルウィッチのシステムは上質なので、

後は、中身。

FFD(リトルウィッチさんのシステムで、漫画の吹き出しみたいにセリフが出る)

を使うようなので、ボリューム的に少ないカモ知れないが、

きっといい作品を創ってくれるだろう。と思う。

今すぐチェックすれ!!。

あぁ・・・ロビィカワイイ・・・。

Little Witch |  コメント(-)  |  トラックバック(-)
▲ TOP
PROFILE

Domino

TRACKBACK
LINK

    声優 天川みるくさんのブログ
Search
DTI ブログ