『この大空に、翼をひろげて』たった一つの青春がここに― 羽々音小鳥Ver

18禁ゲームのブログです。ネタバレに注意。 ブランド毎にカテゴリ分けをしてます。This site is Japanese only

Melonella

式神〜桔梗の華に秘めたる想い〜レヴュー


いつものようにネタバレ注意ね
超シンプルれヴゅーを目指すが・・・。



【ジャンル】退魔師伝奇ビジュアルバトルAVG
【対象】18歳以上
【メディア】DVD-ROM
【価格】9,240円 (本体価格:8,800円)
【発売日】2007年2月23日
【初回特典】「式神」原画設定資料集 初回特典】 秘伝陰陽術追加DISC

■スタッフ

・原画
椎咲雛樹

・シナリオ
紙谷龍生
櫻みゅう
佐々宮ちるだ

・背景
草村パキト

・サブディレクター
上田メタヲ

・ディレクター
清白みやび

・プロデューサー
和泉万夜

・企画
椎咲雛樹

・音楽
def_house studio  def
主題歌:青木 春子



■STORY

陰陽退魔師シェードであるい主人公

結界の弱まった夜に蔓延る「歪」と

呼ばれる鬼と戦う。

一つの猟奇的事件を発端として彼の

周りの人間たちとその犯人、謎に立ち向かう。


■キャラクタ:前記事コピペ


昴月 司颯:主人公。学校で割りと控えめ、
イケメンだが家では料理をさせられる
家庭的な男。幼少に遠縁の瑠璃に引き取られ
陰陽道学んでおり、有事にはシェードとして
歪と対峙する。だが、まだまだ修行中の感が
否めない発展途上の主人公であるようだ。


須崎綺來(すざき きあら)

性格的にはごく普通の女の子だが、
巫女として長年桔梗神社で神仏に仕えてきた為
普通の少女に憧れ、流行に敏感だったりする。
甘味と昼寝が好きな大食い娘だ(ご飯を5杯って・・・w)
かわいくてスタイルも良い、納豆大好き。


葛葉 瑠璃(くずのは るり)

葛葉神社の主。大陰陽師であり、
土御門本庁の幹部。
葛葉神社のもう一つの顔、
葛葉PSIの退魔師で司颯を引き取り
現在まで育ててきた。
はっきりした性格で一本気、
気さくで子供っぽい面もある。
こっことはっこという二体の
式神を実体化させ使役している。
油揚げが好物で納豆が大嫌い。


柊 架威(ひいらぎ かい)

司颯の親友。陽気で大雑把な性格。
軽そうだが恋愛には一途のようだ。

柊 音美(ひいらぎ ねみ)

架威の妹。
幼少から架威と司颯達とよく遊んでいた。
彼らとは先輩後輩として同じ学園に通う。
性格的には大人しく人見知りが激しい。
元々は引き篭もりがちだった。
綺來には初め、人見知りのような敵対心のような
態度で接する。司颯に行為を寄せているが
性格が災いして想いを伝えられず現在に至る。
趣味の占いが災いして・・・。


華原 綾乃(かはら あやの)

総合病院のご令嬢。
大人びた清楚な雰囲気だが、
気さくで自然体なのでアイドル的存在。
保健室で養護教論の代わりに生徒を治療
したりもする。箱入り娘で世間知らずな
ところがたまに傷。


こっこ、はっこ

瑠璃に使役される式神。
見た目は子供で狐の耳と尻尾がある。
やんちゃでつんつんしたイメージがあるこっこと
おっとりしながら毒吐きのはっこ。
瑠璃にはよく従うが司颯をいつもからかう。
はっこは怒らせると怖いらしい・・・。



■システム(後述にバトル)


製品システムは重いがなんとか動いた

ポインタとか普通でいいのになぁ。


ただ、体験版の時に書いたかもだが

マウスボタンテキスト送りが本ちゃんで

実装されていたのでとても楽に操作できた(ありがと)。



そのほか必要なシステムは揃ってるだろう。

今回はSAVEにコメント記入とかまでは求めていないし。

修正パッチが出てるけど当てないとどうしようもない

と言うことは無い。


ちょんぼについてのお詫びがあんまり目立たないので

気づかず突っ込もうかと思ったが、あったね、うん。

しっかりお詫びしてる。

バナキャンリスト漏れは重大だからねぇ。

でも、今後は大丈夫だろう。

と信じられる内容でした。



■シナリオ、テキスト


弱い!甘い!荒い!。

の3拍子。



厳しくて申し訳ないが私情の前に

書いておかないといけない。


いじり甲斐のあるキャラばかりなのに

個々のキャラ立ての踏み込みが弱く

感情移入がしずらい。


板垣なんかはそこそこ立ってるケド

彼の所業を許せるほどの描写ではなく

本当の悪人は居ない、皆事情が

という部分に納得しかねるものがある。

注意して欲しいのは板垣の場合、

[理由]では無く[描写]不足だと言うこと。


工数云々は置いとく。


ライター複数いるのに力が発揮できていない。

表面上の性格や行動だけで話が進む

見た目はそこそこだが味がしないケーキみたいです。



犯人も鼻ッカラバレバレだし

伏線の張り方が意味薄い。


もっと「そうか」と納得できる理由と

それを表現する描画がしっかり出来ないと

彼らが行う行動の申し開きにはならないのだ。



春花が殺されたシーンとかさ

なんだアノたまたまの重なりは

即効で疑う方向の架威。時間帯的にも

強引すぎ。


せめてもう少し違う方向に向けるべきだった。

親友の絆が感じられないしょ。


瑠璃は司颯にやらせてばかりで

力が相当あっていいはずなのに

戦わない。


北斗もそう、彼のカッコイイ所を期待してたのに。

土台、それぞれのエピソードが少ない。


シキルート必要だろ!?。


こっことはっこの活躍は???。

飯食ってTV観るだけのキャラにするのは

勿体無いでしょう?。



世界観の設定はFATE並にデカイのに

身の回りで終始するので近所の事件簿でしかない。


有体ではあるけど、本庁が裏にいて

なすびを使って悪さしていて

その中に例の巫女の復活も陰謀に含まれていて

門は開いて・・・・。


と、これくらいは飛んで欲しかった。

その時こそ黒服兄さんや北斗瑠璃総動員で

戦って見せ場も・・・。



なんていっても始まらないんだが

プロットをナゾるだけならいい作品にはならないよ。

それぞれのキャラや世界観への

理由と描写 これが弱いと思ったのです。



と厳しい意見で偉そうに言ってごめん。

なんでココまで言うかというと・・・。総評で。



■音楽

主題歌はとても良い。

今風のテクノだが躍動感があって

バトルものにぴったりだと思う。

BGMはちょっと個性強いかもだが

慣れると不思議な感覚が出てきて

好ましい。

SEは可も無く不可も無く。




■CG


背景は凄くいいのと、ダメなのがある。

神社のCG(葛葉本殿)や、

オフィス、ゲーセン、研究室などのCGは画力に関心。

風呂場、居間、などは天井低いな。


キャラCGは少ないと感じました。



ブランドカラーなんだろうけど

蟲・・・・陵辱・・・・オラにはキツイなぁ。

オエッ。


まぁそれは置いたとして

Hシーンで男のケツ出すなよ!。

いらないでしょ?いるの?構図が問題アリ。

技術的なレベルは全然問題ない。




■総評 B+


少し甘くした。

個人的には実はもっと甘い[A]だ。

キャラの味が薄い

シナリオが荒すぎる。

酷評ばかり述べたが

この作品はそれほど”クソゲー”

なのでは無く。

勿体無いからだ。


元々オラは桜華みたいな和モノ大好きだし

キャラはクセあるけど知りたくなる子ばかりだ


せっかくの素敵なキャラ達をもっと活躍させて

欲しかったのだ、その中で主人公も輝いて欲しかったのだ



陰陽、バトル、巫女、これだけでも

相当広げられるのに何故かこじんまりと小さい。

広げようとしたが工数ザックリ無くて

慌てて体裁繕った様に見えてしまいました。

ダイジェストみたい。だから凄く勿体無いのです。


私情を汲むと皆さん凄く頑張ったと思うし

これからも応援したい。


でも、今回の結果はこの通りだ。

人それぞれ最高と思った人もいるだろう

クソゲーの烙印を押した人もいるだろう。

オラは「楽しかったね。以上」

残るものが無い。

だ。



でも、それだけで本当は終わらないほどの

魅力を沢山持っているのがこの作品。



だから悪いんだけど厳しい言い方させてもらった


この式神がどういう位置づけなのかいまいち

判らないけど、そろそろ3作目なので

基本的な所を見直して見て欲しい。

もっともっといい作品できるはず

だから期待して応援させてもらいます。

てんでダメなブランドやゲームには

こんな事いいませんから。

生意気ですがこれでも愛です。



個人的には水菜。

つまりは華原ルートが一番良かった。

シキ、春花、こっこ&はっこルートはいるでしょ。

バトルもっとやりたいな派手に

ガッツンガッツンと。




■バトル


前も書いたかもだがADV+リアルタイムカードバトル形式だ。

水金木土火の属性を持つ神影符を使用して敵と戦う。


例えば「水属性の打」の神影符や「金属性の法」など

多くの種類があり敵の属性を考慮しながら戦う。


このバトルはビジュアルパート(VPとしよう)というが

攻撃と防御のフェイズを敵と交互にこなすんだが

どちらも時間制限がある、画面上に水平にバーがあり

時間と共に経過する。


その中で切ったカードが配置されゲージが通過すると

発動と言う具合だ。



当然防御も同様なので敵の攻撃カードに対して

ゲージが通過する前に何らかの対処しないと

ダメージを負う。0になったら当然負けだ。


敵の攻撃は近接、遠距離と分かれているので

それ用の防御符を使わないとダメだ。


例えば遠距離には「水属性避」など。

このシステムコンボや、順ずる技もあり

個人的には非常に楽しく燃えた。


出来れば先頭時の演出とCGがもっと欲しい所だ。

150種類あるというエフェクトもいっぱいある

なーと感じなかったよ?。単調で地味。



でも、このバトルシステムは非常に気に入ったので

今後もパワーアップして使って欲しいな。


恋姫もそうだけど、バトルについては式神の方が

断然面白い。



初回限定の追加デッキ入れれば

他のキャラが一緒に戦ってくれる。


水菜なんかは雑魚なら一撃で9999何て出るし

CGがカッコイー!。


追加デッキ無くても神影符を編集出来るので

攻撃に特化させれば出来るだろう。

まぁ後半はどの道きついだろうケド。




オラは防御デッキはそれぞれ1枚程度

特殊に水菜、冬萌、侑子先生、春花、刀

あとは打と斬を中心に攻撃デッキを構築。

「血」や「甦」「衰」「半」なんかは使ってない。


コンボ(属性)はよく使うが

必殺技は特に意識しなくても割と適当に

切ってたら色々発動したw。

冬萌ちんアターックさせたいために

ワザとLIFE削ったりしたw


にしても水菜カワイイよ。チラっとホラアレw。

カレンより凄いぞ ププ。


なすび・・・。

授業・・・。

吐きそう・・・・。

久村ちゃん。もっとみたい。


リリース前に公言していたが

本当に冬萌ルートとそれ以外での

違いは相当だな。

雨に濡れてるのが冬萌と最初思わなかった。


そんなこんなで。

次回作、期待してます。

買おうか悩んでる人には

買って損したとは思いません。

体験版でバトル気に入れば

楽しめると思います。



結局長くなっちまった><
Wite Cyc |  コメント(-)  |  トラックバック(-)
▲ TOP

恋姫†無双〜ドキッ☆乙女だらけの三国志演義〜

恋姫†無双〜ドキッ☆乙女だらけの三国志演義〜レヴュー

■要ネタバレ注意■

ブランド:BASE-SON(ベースソン)
形式:妄想満載煩悩爆発純愛歴史AVG
リリース:2007/1/26
価格:8,800(9,240)
メディア:DVD−ROM2枚組
音声:ボイス有:

※以下敬称略
企画・シナリオ:K.バッジョ
シナリオ:尾之上 咲太(おのうえ しょうた)
神代 いづみ(かみしろ いづみ)
新井 し〜な(あらい し〜な)
assault

原画:片桐 雛太(かたぎり ひなた)
八葉 香南(やつは かなん)
日陰 影次(ひかげ えいじ)
かんたか
さえき北都(さえきほくと)

サウンド:たくまる
水月 陵(みずつき りょう)
上原 一之龍(うえはら いちのりゅう)

ディレクタ:K.バッジョ


■ キャスト ■ 
関羽: 本山美奈
張飛: 芹園みや
諸葛亮:楠 鈴音
趙雲: 野神奈々
馬超: 桜川未央
黄忠: 飯田空
曹操: 乃嶋架奈
夏侯惇:深井晴花
夏侯淵:如月 葵
許緒: 倉田まりや
荀: みる
孫権: 風音
甘寧: 一色ヒカル
周瑜: かわしまりの
陸遜: まきいづみ
孫尚香:北都 南
大喬: 大小つづら
小喬: 大小つづら
董卓: 木村あやか
賈駆: 青山ゆかり
呂布: 井村屋ほのか
張遼: AYA
華雄: 芹園みや
袁紹: このかなみ
文醜: 紫華すみれ
顔良: 青井美海
璃々: 倉田まりや
公孫賛:AYA
貂蝉: ???


■STORY

主人公:北郷 一刀(ほんごう かずと)は

学校に忍び込んだ泥棒を捕まえようとするが

相手は襲い掛かってくる。


気づくと何故か果てしない荒野の中にいる。

ほどなく人が現れたが、その妙ないでたちの3人組は

命が惜しければ身包み置いてけ、と。


反抗しようにも武器を持った彼らは襲ってくる。

もうだめだと諦めかけたその時

目の前に現れた黒髪の少女

でかい槍を振り回し3人組を追い払ってくれた。

そして彼女は恭しく一例しながら名を名乗る

「我が名は関羽。我が主よ、共に乱世を鎮めましょう」と。



■キャラクタ


上述の通り三国志の武将が全て(あ、1名微妙なのが・・・)

女の子である。

彼女達は真名(まな)があり、本人が認め無い限り

相手に真名を呼ばせない。

例:関羽:愛紗 孔明:朱里 ってな具合。


■シナリオ

弱い人々を救う為、天下統一を目指す。

戦を繰り返し、仲間が増え、領土も広がっていく。

笑いあり、エロあり、バトルあり、萌えあり、ホロリあり。

そしてこれとは別に、この世界や自分の存在について

話が紐解かれていく。


■テキスト

スタッフが総動員のこの作品。

不思議な事に思ったほどテキストの差異や違和感を感じない。

主人公のテキストでやたらといいギャグを飛ばすテキストが

あるが、不整合でさめることは無かった。

全般的に読みやすくテンポを殺さないいいテキストだ。


■グラフィック


とても良い。良いが戦闘区域のCGなんかをもう少し

作ってくれるともっと盛り上がったな。

同じ景色だとどうしても、ねぇ?。


エロCGの構図というかアングルに相当こだわりがあるねぇ。

CG入った瞬間に何度も声出たよ本と

「うわぁ・・・すんごいカッコ」
「ヲイヲイ、尻がドアップかよw」

鈴々と川遊び時に一刀のブツが鈴々のCGにカットインするんだが

鈴々のちょうど足の間に入るように計算されていたりと

計算とこだわりを感じるねぇw。


詠は通常のデッサンが唯一やばい。
横幅ありすぎ。でもHCGと正面CGではイイ感じだ。

ヒロインの着替え。いや、Hな方じゃなくて
ドレス着たりするほうね。愛紗や蓮華なんてもう
溜まんない位かわいいよなー、いい仕事してるってばよ!



■システム

モードが大きく分けて2つある。


・ADVパート(拠点フェイズ)

画面にヒロインの顔が表示されるので会いたいキャラを

選ぶとヒロインとの日常が展開される(後述のぷち攻略参照)。

シナリオが進むにつれヒロインが増えていく最大15枠。


・バトルモード

戦時に歩兵・重歩兵・弓兵の人数振り分けを行う

将軍を選ぶ(奥義をそれぞれ持っている)

軍師を選ぶ(戦闘陣形に得て不得手がある)

敵の陣形や、奥義、こちらのステータスに合わせ1ターン毎に
陣形を選択し、突撃、迎撃、射撃、奥義を駆使し戦う。

負けても再挑戦できる(援軍付き)


ソフト上のシステムは基本揃っているが
マウスボタンでスクロールさせて欲しかった。
戦闘についてだがゲームバランスがちょっと
偏っているように感じた。

郡市や将軍、陣形関係なく

「勝てねぇよ」って場面があったから。

援軍付きで再チャレンジ出来るからまぁいいんだけどさ。

せっかくいいゲーム構成なので戦闘システム
をパワーアップして欲しいな、コンボや演出のバリエーションとかね。

後、なんかボタンの効き悪くね?奥義の。


■音楽

良い。OPもED秀逸。ツボを抑えているね。

特にクライマックスの状況はいやがおうにもウルウルしちゃうしょw。

片霧さんのVoは力強いのに暑苦しくない。

伸びやかで雄雄しい曲とグッドマッチっす!。

久遠 〜詩歌侘、志在千里 〜恋姫喚作百花王なんてもう超名曲だよ。

泣ける泣けるぜ。

Hの時の音の使い方が中々頑張っている。
メイン(台詞)の声と(少し後ろで鳴り続ける音・声)そして
文字送りしなかったらずっとループしてるので
Hシーン重要な御仁には良い気遣いであるはずだ。


■総評 A+


間違いなく買いだ。


Bで「まぁ買って良かったかな」で

Aだと「うぉーコレイイ!」=傑作で

A+だと「す、素晴らしい」=名作。

A++(アリスマチック、ゆのはな、Fateがコレにあたる)=至宝w。

A+++(かにしのがコレにあたる)=至宝w。

AA=奇跡

AAA=天の御業

AAA+=考えてない神にしとくか(適当w)。

とにかくA+は名作じゃ。


どうせ大味だろうと思ったが

ベースこそ三国志を使ってるが

ブランド独自の味付けはギャルゲ野郎の望みを

ほぼ網羅していると言っていいのではないだろうか。

学園モノギャルゲを三国志に変換し、きちっとした

アイデアの盛り込みが随所に現れている。

キャラのたちっぷりの良さや、半端無いエロの網羅。

個々のエピソードの面白さ。

そしてラストの・・・。


とにかく面白い。そして一番の成功の要因は

キャラルートの構成にあると思う。

金太郎飴状態のキャラ別エピソードの構成。

拠点フェイズで好きなキャラを選びエピソードを

読み進めるうちにHシーンに行きキャラ別ENDになるが

途中で他のキャラに変えたりあちこち手をつけても

不思議と話の辻褄結構が合ってるところが凄い。

中にはエピソード選択したのに違うヒロインが

出まくるのもあり愉快すぎる。


無論ちょっとした差異はある。

完全じゃないし、後述する攻略ヒントは考慮しないとだけど

あんまり気にならないわ。


なんかそんなんどうでもよくなるw。

もう、あまりにバカすぎてw。

でも、潔良いというか「あぁまぁノリだなうんOK」って感じw。

でも創る側は相当真剣に考えたんだろうなww。

エロ、バカ、感動、萌え、燃え

全てテンコ盛りだ。そこまでエロ補完しなくてもという

位にリソースの限界に挑戦してる。

おっぱいおばけさんなんかもう即効でやってオシマイw

普通のギャルゲならココは皆が怒る所。

でも、この作品のリソース考えるとギリギリまで

やってるよ間違いなく。なので逆に感心しちゃうよ。

ただ一つどうしても納得いかない事がある。

それは恋がバトルで使えない事。

バトル側の会話シーンでも中盤以降は出番無いし。。。

そこだけ。




攻略のヒント

ウチは攻略サイトじゃないので自力でやりたいが

ちょっと方針が知りたい意地っ張りさんに向けてかいとくw。

っていうか毎回同じキャラを選べばいいんだけどさ。

一応、下記を参考にしてみてよ。



先に言ったようにこの作品は大きく分けて2つのモードがある。

ヒロイン攻略するには拠点F(F)でヒロインのエピソードを

読み進めるだけ。


気をつけるのは回数。

フィナーレまで何回の拠点Fがあるのかを1週目で掴むこと。

そう、最低2、3週はしないとコンプできない(オラは3週でコンプ)


Fではヒロイン選択できる回数が決まっている(序々に増える)。

メインヒロインは3人(愛紗、鈴々、朱里)

1週目で上記のキャラを毎回必ず選べば2週目でメインはコンプ出来る訳だ。

愛紗ならずっと愛紗。選択回数が増えたらもう一人のヒロインと言う具合。


サブは選択回数も多いが人数も多いので

キャラ毎にどの位エピソードがあるか予測する事が必要だ。

1,2回でENDするキャラも居ればメインヒロイン並に多い子も居る。

ヒントとしては恋姫内でビッグなヒロインほど話数が多いと考えるのがベター。

そうなると当然、華琳ちゃんや星ちゃんは多いね。

呉のおっぱいさんは速攻終わる。

呉の姫ちゃまは以外に短かったな。

意外にもドリルさんチームは最後の最後まで楽しませてくれますw

斗詩最高!。



■おまけ 独り言


愛紗が登場して即、ご主人様w。早っ!


朱里
が、が、がんばりましゅ!。って激笑
いれてくだひゃい。って二回噛んだよ。鈴音さん見事にハマったww。


この作品に聖バーがいます。ハイw。もきゅもきゅ

で、

恋かわいいんですがナニカ?

麗羽初見でワロタ。どんだけそっくり返ってるねんw
鬼のようなたてまきドリルヘアー・・・。


おぱんつ事件

いきなりの選択肢出現でびびったぜ


ってか ちょうせんの選択肢が怖いんだが・・・w
どうしたらいいの?(にょ?)ってむかつくww


あのわら人形ってなに?身代わりだったの?・・・酷い


酷すぎるよ星ちゃん・・・アンタめちゃくちゃ。


紫苑にアマエテェ!ぶぉ〜ん!しおーん!


化粧品に服の着こなし?。
おまえはおねぇマンかよ。ちょうせんよw

恋の教育に挫折した愛紗が堪らないw。ぷーっははは

愛紗ランチVOL2の演出がいいねぇ、
包帯してるし、飯がまともそうだ。→まともだったw。


王になると言うことは漠然としか思い浮かばなかったが
妙にリアルに感じられるのがこの作品のすごいところだ。


メンマでこんなに怖い思いするなんてガクガクブルブル・・・
メンマの大冒険だよぉw

華蝶仮面 は、うん分かったよでも。

華蝶仮面二号 って、仮面つけてねぇし!!。
あほかぁっ!! し、死ぬぅ!助けてくれ。
バカの塊だっwwww。


とう と とお があるね華蝶仮面よw
果てはメンマの国からやって来たメンマ仮面。。
てもうアンタめちゃくちゃw。

しかも

「うわぁ・・・」って朱理の薄いリアクションに激ウケ。 
「言い直しですか」。 って、ぎゃははは〜!!。


華淋ちゃんお出かけ時にちょうせんちゃんも来るんだが
さりげに「あたしたちの膣内(なか)じゃないって」

あっ 一刀つっこんだwぶはは 筋肉ダルマムカつくww

れんふぁちゃんの贖罪時。
真名を呼び合い、優しくするよと割といいムード
で、ヲイいきなりバックかよ!一刀!やさしくねぇ
しかも処女だろが!
蓮華か、かわぇぇえぇ!!
おちんちんと蓮華に言わせる一刀、死ねばいいのに。w


老酒を母乳代わりに飲んで育ったと、アンタすご過ぎるよ
ガクガクブルブル。ちょうせんよ。
苦し紛れに産湯に浸かっていたって愛紗?、それナイ・ナイw。

「この通りれふ(ヒック)」。
うん、その通りだね ぎゃははダメじゃん。


夏侯淵と夏侯惇のステレオ攻撃がすごいね。

蓮華の女の子モードは最強かもしれん。
かわいーぜヲイ!萌え死ぬ。


このいかなる角度からもエロに持っていける強引さに
呆れながらも笑ってしまうわ。ここまで来るとねー。
しょうがねーなーといいつつも乗せられてしまうオラは恐らく
ただのアホw。

猪々子あやしい鞍事件とかもうよく考えるよ。
ってヲイッお漏らししちゃったよw。


ヒロイン総動員でエロ補完には恐れ入った。
桂花までとは・・・。
さすがに季衣までは無理だったか。
15人以上のエロ補完だもんな力尽きるってそりゃ。


おまえの頭がワッショイだよ、袁招よw
それに比べてけなげな斗詩。いいこだぁねぇ



好色艶本触手淫獣の巻って一体・・・・。


春蘭、華琳にご主人様と呼ばせるのはなんだその
楽しい・・・ww

酒造りの健気な華琳は極上ツンデレだな
イヤツンツンツン子かw。


こんな所で。

次回作にも大いに期待したいね。

エロ度高いのに清清しい気分になる作品でした、最高。

いい夢ありがとう〜ノシ。



再見!


Base-Son |  コメント(-)  |  トラックバック(-)
▲ TOP
PROFILE

Domino

TRACKBACK
LINK

    声優 天川みるくさんのブログ
Search
DTI ブログ