『この大空に、翼をひろげて』たった一つの青春がここに― 羽々音小鳥Ver

18禁ゲームのブログです。ネタバレに注意。 ブランド毎にカテゴリ分けをしてます。This site is Japanese only

Melonella

あやかしびと レヴュー

*ネタバレ注意

あやかしびと
ジャンル:学園青春恋愛伝奇バトルAVG
スタッフ
(敬称略)
原画:中央東口
企画/シナリオ:東出祐一郎
監督:荒川工
音楽:ファクトリーノイズA&G
主題歌:Antistar



STORY

人でありながら異形の姿や、能力を持つ人妖。

人妖病に罹ったと一般の人間に思われた彼らは

忌み嫌われる。

日本政府は神沢市を人妖の街として隔離した。


武部涼一は人妖でありその秘めた能力の危険性から

とある孤島の病院で育った。

彼は島の森で「すず」に出会う。

二人は親密になりかけがえのない存在になっていた。

ある日、涼一が起こした事件をきっかけにすずと涼一は

島を出る事になった。

二人は名前を如月双七、如月すずと変え人妖都市・神沢

へ潜り込む。小さな幸せを求めて。

だが、すずを狙う組織や邪悪な存在がそれを阻もうとする。

小さな夢と愛する人たちを守るため如月双七の戦いが始まる。



グラフィック

迫力のあるキレイなグラフィックだ。

当然だが、hシーンよりもバトル時の画の方が力が入っている。

刀子の[車斬りw]シーンや、薫の車から身を乗り出しての射撃シーン

こたろーやトーニャのバトル時の画などたまらなくカッコイイ。

時たま入るSD画も個人的にツボ。まさか薫までとはw。



音楽

主題歌/EDについては最早なんの問題も無い。

ひたすらにカッコイイ。弾丸執事同様ハードロックである。

弾丸執事よりもスピード感溢れる曲だ。EDはしっとりしていて

何処か孤独感や切なさが前面に感じられる。

プレイ中のBGMはそれほど印象に残っていないが

バトル時のF1レース風の曲はシーンに合ってはいるものの

どうしても安っぽく聴こえてしまう。

悪いとまではいかないが主題歌レベルのBGMだともっと良かった。

無論、プレイ中にも主題歌が入るのだがコレについてはタイミングも

文句なしで痺れる位良かった。


キャラ

弾丸執事同様多い。

だが、それぞれのキャラ立てがとても上手く、生徒会メンバーなど

能力を披露する時間があるのか?と思ったが、全員フル活用。

ドミニオン側もも然り。やや残念なのは天、中のバトルが弱かった所。

中は特に単なるやられキャラなので、九鬼に集約するのもいいけど

競り合う所も見たかった。

トーニャ、刀子はいう事なし。完璧。

すずの可愛さは計測不能。

桜、美羽まで魅力的文句なし。

愁厳、虎太郎はもう漢萌え確実である。

こたろーはどこぞの作品に似たような人が

居るんだがw、あちらと違ってちょっとだらしないイメージ。

でも、まぁヘビースモーカーってだけでだらしなくは無いんだけどね。

あくまでイメージ。

狩人や刑二郎もいい味出してた。



システム

あえてシステムの欄は要らないかな。

パッチなしでも致命的な問題は無かったので。

ただ、不具合にはCPU使用率100%(メモリリーク?)とか

スキップが止まらないといった修正が入っているので

あてておくに越したことは無い。

スキップはマシン依存だろうけど弾丸執事同様重かった。

CPU 1G/512以上なら快適かと思う。ウチのがこの程度なので・・・。

そうそう、ムービーやアニメーションがクリックで飛ばせない

ものが有りちょっと減点。

アイキャッチアニメーションのクリックスキップはパッチ出てる。



総評 A++

非常にドラマチックで奥の深いシナリオが楽しめる。

ここぞという時の必殺技や、それを彩る画&演出が

ピタリと合った熱い作品だ。

癖無く進むテキスト、期待を裏切らない盛り上がり。

男が燃えるポイントをキッチリ抑えた(萌えもね)

優れた作品だ。

凄く良い作品なのだがその分文句もある。

但し未プレイなら見る必要なし。

是非、やって欲しい。

以下はやった奴向け文句とかたーらたら。





弾丸執事と大きく違うのは[陵辱要素]。

陵辱スキーにすればこんなん陵辱にはいんねーべというだろうが

オラ的にはカオルンや藤原あたりのアレなシーンは結構辛かった。

藤原のストーキングも怖いね、そんなネタくるとは・・・w。

カラスの双七いじめや記憶喪失、刀子の秘密など

精神的なのが多かったな。


こういうバトルものって大体出尽くした感があって

炎の能力だーとか雷だーとか正直飽きてるのが事実だと思う。

確かに本作も火の能力や冷凍な方が出るのだけど

観ていてゲンナリしないのはその扱い方。


メインの主人公がコレだとイマイチだがコアとなる

メンバの能力はちょっとひねりのある技になっているので

ワクワクしたというのが今回の感触。

美羽なんて能力出すだけだして何に使うのよ?と思ったが

いい見せ場があったし、カオルンのも中々カッコイイ。

中がサイコクラッシャーアタックを使わなくて良かったと

心から思うw。


構成

大まかな構成としてイントロ、学園日常、バトル

となるがそれぞれの配分が思ったより変わっていたので

人によっては飽きる場合もあるかもしれない。

というのは学園日常の尺が非常に長いと感じ

本来なら学園の尺の所々にバトルを入れてクライマックス

とするほうがバランス的に良いと思うのだが

本作は割と詰め込み型であり、後半にバトルな展開でドドーっと

来る構成なのだ。


これは好きずきだけど大きくまとめた方が

実際は開発がしやすかったという感じがする。

ルートもそれぞれ独立させているので日常にバトルを

入れながら進むと複雑極まりなく、仕上げるのは困難なのだと

思う。

個人的には日常楽しいんだけどバトルマダーとなる

一歩手前でシリアスになったという印象。

物理的に厳しいとは思うがバトル、日常、h、をバランスよく

振り分け出来てたらA++間違いないだろう。

でも。決して悪いわけじゃないしA+は相当良いという意味だ。



種まき

小さな会話の切れ端に種を仕込み後にそれを回収

していくテキストの描き方はウマイなーと思いながらプレイした。

風呂敷がでかく矛盾や理由をテキストで潰していくのは

コレ人間業じゃないよな。凄いっす。



カラス

まぁ、相当ムカついたね。

アレが分ったからいいようなもののアレじゃなかったら

作品としての評価を下げたであろう。

憎めないんだがやはりむかつく。

だったら言えよ。パパだって。


トーニャ

箱庭戦闘+ドミニオン乱入は強引。

父が部隊と一緒にくるというのがおかしいべ?。

狩人の活躍は見逃せないしそれぞれの能力をちゃんと

使っているルートだったけど。

何となくトーニャENDも納得いってないぜ。


カオルン

最初のイメージの植えつけ方が良くない。

おかげで心情について理解してあげるのに時間が掛かり

すずがいじめても何とも思わなかった。

ちなみに一奈についてまったく同情しないね。

撃った後に笑ったという事実は実はもっと重いのではないか?。

汚されたって言うのも残念。でもシナリオの完成度は高い。

薫のクラスアップ時の演出、(テルよしのCG+銃のCG)が
火を噴く。いい。

デスサイズウォール顕現からの銃声の細かな調整が絶妙だ。



さくらの二時間シーンは予感的中・・・。

あぁ台無し。

と想いつつ、ギャルゲだなと。



セラフ使用ENDはもう、なんか凄いことになっちゃたな

唖然・・・オチもひねりまくって大変。

なに円谷プロ?w。

まぁ一種のサービスなんだろうけどアイアンメイデン九鬼

と並んでちょっとやりすぎかな。


九鬼、天はほったらかしENDあるぞヲイ。


あぁ、やっぱすずだね。

心おきなく信じられるよ。

ってでも記憶喪失はかんべんな。


propeller |  コメント(-)  |  トラックバック(-)
▲ TOP

任侠華乙女 レヴュー

ネタバレ注意と言っておくか一応。

(敬称略/順不同)
原画:双龍
シナリオ:橘ぱん
CG
えーたろー
さるかCG
あまがたCG
音楽:憔悴ラジオ
ディレクタ:柿



ストーリー概要

母の遺言に従い都心から電車で2時間半の

高原にある地方都市美和市に鶯谷亮太は向かう。

さっそく迷子になった亮太は1人の少女美井森千夏

に出会う。

その後、母より頼るように言われた住所に行くと

そこには[中州組]の表札が。

誰がどうみてもそこは任侠一家中州組。

これから何が起こるのか。



キャラ&グラフィック

鶯谷亮太:主人公ヘタレだが本人も知らないある秘密を抱える

美井森千夏:茶谷やすら
中州組、組長。責任感が強く勉強も出来る。

大塩菜摘:成瀬未亜
中州組と美和市を二分する任侠一家[大塩組]の一人娘。
何かと千夏に絡み場を引っ掻き回す、一言で言うとおバカ。
ひょんな事から亮太に惚れてしまう。

永明寺冬真:まきいづみ
口数少ない中州組若頭。先代の頃から侠客として中州組に居る古株。
金銭管理から食事、討ち入りと何でもこなす中洲の重要人物。
大塩組からも恐れられるほどの知性と武を持っており、成績も
常にトップ。ある意味お母さん的な(厳しい)部分もありお仕置きが怖い。
以外にも虫が大嫌い。

高田アキ:紫華すみれ
任侠道に憧れ中州組に飛び込んできた家出少女。
明るく元気、菜摘とタメをはるイヤ、彼女以上におバカ。
進級が危ぶまれている。悪癖があり、千夏や冬真らの入浴を覗いたり
下着をくすねたりと変態オヤジ丸出しな困った子。
縞パンに羽織ものという奇妙なスタイルを好む。


尖石小春:芹園みや
天然で弱気な中洲組の鉄砲玉。
いつものほほんととしているが、すぐにテンぱる傾向があり
むやみに拳銃を撃つ為、中洲内でも大塩にとっても非常に困った存在。
アキとつるむ事が多い。


この他に頻繁に出るキャラとして大塩組若頭○○大周がいる。


システム

パッチが頻繁に出ているがプレイ中に致命的な現象

は見られなかった。但し、シーン切り替え時

などで立絵が出るまでに殆ど必ずタイムラグがあり数秒では

あるもののスムーズなプレイ感を損ねている部分がある。

スキップは早いとは思わないが、ボリュームがそれほど無いので

攻略の足かせにはそれほどならないと思う。

テキスト送りは快適、セーブコンフィグ周りは特に問題ない。


音楽&CV

それぞれの場面に応じた音楽であるという以外に特に

特筆するところは無い。主題歌はYURIA、ED UR@AN

こちらも可も無く不可もなく。残念ながらそれほど

心に残るものでは無かった。

歌姫問題ではなく曲ですな。

好みですけど。

CVはちゃたーにさんメインって久々な感じなんだけど

魅力再認識した。柔らか味があってキツ目の台詞も

女の子らしくなる辺りが良い。

千夏のキャラにも凄く合っている。

冬真も○。

菜摘については少々問題アリ。

ツインテで元気系と来れば成瀬さんで文句無し

の筈なんだが、ちょっと生々しすぎ。

「かぁ〜ぺっ!」と唾を吐き捨てるフリの台詞なんかの

表現は聞いていてちょっと萎えた。

もう少し可愛らしく出来るし、出来ればそうして欲しかった

大周については面白いキャラだが、あまり表現が上手いとは

思えずちょっと無理してる感があり残念。

CV賞は紫華すみれさん。

普通に読むとクソ生意気で感じ悪いキャラになりそうなのに

彼女の表現のおかげでへっぽこ&愛らしいキャラになっている。

桜川未央さんに通じるものがあるな。



総評 A


まず、絵が抜群にカワイイ。

何となくほのぼのしていてSDもかなりカワイイ。

着物ののデザインとかもナイス!。

菜摘なんか相当かわいいよ。


これは好みの問題だがね、一つ言わせてもらうなら

HシーンにおいてのCGがやたら上手い。

特にお尻の描き方w。

何となく丸く描きゃいいってモンじゃない

と気づかせる拘り。

最近みたHCGの中で最もお尻が上手いと思った(ナニ。

無論、他の部分も個人的に好きw。

但し、絵の角度でなんか見づらいと思うものもあった。


1週目は適当に選択して進んだら非常につまらなかった。

きちんとルートに沿って進んだ方がシナリオが理解できるし

楽しめる。

千夏がメインと思ったが、実は○○編の力の入れ具合

から見て、○○が真のヒロインであろう(バレバレw。

萌えた萌えた。


全体的にドタバタラブコメでゆのはなを彷彿させるものがあった。

当然好き。

ありがちな中にも意外性があり(小春とか)、明るく

楽しくプレイ出来る。

ちょっとだけホロリもあったりする辺りツボはちゃんと抑えてる。

先生や高田の立絵は間に合わなかったようだが

無い事により若干の違和感はあった。

不満点は上述にもあるが

システム面。立ち絵のロード。

テキストも読み易いが、一つの台詞を言うのに

時間を掛けるあたりは非常にイラついた。

何箇所もあるので。


任侠ものなので血縁を使った伏線の張り方は

ピッタリ来るとは思うがプレイ側にとっては

こじつけがましく感じるので血縁に拘らなくても良かったのでは

ないかと思う。

この辺がギチギチなので冬真編のオチは非常に不満が残る。


それでも、ループパクり、シンプル、ありがち

を抱えつつも非常に楽しめたのはキャラのカワイさや

任侠でありながら微笑ましいストーリーであった点にある。

処女作でここまでできるなら次回作も期待できる。


和風な作品が好きでドタバタ好きならお勧めですな。

オシリストな御仁もおぉ、ってなるシーンがいくつかある。

ちなみにHシーンはそれぞれ複数回あり意外に頑張ってる感じよ。

やって良かったか?。

とても。

個人的には冬真と菜摘が萌えたね


攻略順は

1・適当→よく分らなかった
2・千夏
3・冬真
4・アキ&小春
5・菜摘

こういうタイプの作品にオラ弱いなー。

和モノばんずぅわぁい〜。


しゃくなげ |  コメント(-)  |  トラックバック(-)
▲ TOP
PROFILE

Domino

TRACKBACK
LINK

    声優 天川みるくさんのブログ
Search
DTI ブログ